So-net無料ブログ作成

画家ミュシャの華麗な世界150点(産経新聞)

 柔らかな曲線と植物など自然をモチーフにした装飾様式が特徴のアールヌーボー。19世紀末から20世紀初頭に花開いたこの様式を代表するチェコ出身の画家、アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)の生誕150年を記念した「アルフォンス・ミュシャ展」(産経新聞社など主催)が22日、三鷹市美術ギャラリー(同市下連雀)で始まった。

 国内で最多の作品を所蔵する堺市やチェコ、フランスの美術館の協力で、伝説的女優サラ・ベルナールを描き、ミュシャの名を不動にしたポスター「ジスモンダ」をはじめ、パリ時代からチェコに戻った晩年までの生涯を約150点から振り返る。

 7月4日まで(月曜休館)。観覧料は一般800円など。問い合わせは三鷹市美術ギャラリー(TEL0422・79・0033)。

<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破−−福島・飯舘(毎日新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
口蹄疫対策チーム、宮崎に設置=政府(時事通信)
<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)
もんじゅ再起動は23日に 福井(産経新聞)

サイバー攻撃対策を正式決定 政府(産経新聞)

 政府は11日午前、官邸で情報セキュリティー政策会議(議長・平野博文官房長官)を開き、インターネットを通じたサイバー攻撃への対処方針をまとめた「国民を守る情報セキュリティー戦略」を正式決定した。従来は総務省や内閣官房が中心に対応してきたが、今後はこの戦略に基づき省庁横断的に取り組む。国民が安心してインターネットを利用できる情報セキュリティー先進国を目指す。

【関連記事】
中国発のスパムが激減、15位に
基幹システムも被害か グーグルへのサイバー攻撃
中国の検閲システム、“インターネット警官”が監視
スパムメール、危険を認識するも…ついついクリックのナゼ
米国一治安の悪い都市は? サイバー犯罪の危険度ランキング
少子化を止めろ!

覆面パトカーにはねられ小1男児が重傷 兵庫・伊丹(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)
ケータイ向け「MapFan」、「桜・お花見特集」配信スタート!〜全国の開花情報を毎日更新!〜 インクリメント・ピー株式会社

<名古屋市>河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は就任1年を迎えた28日、同市中区の大須周辺で、議会解散のための署名活動への協力を呼び掛ける街頭活動を行った。

 河村市長は「(署名が必要な)36万5000人が立ち上がらなければ(恒久)減税も地域委員会もできない。市会議員の給料も下がらない。最後は市民に任せられている」と訴えた。港区の無職男性(64)は「議会解散をしなければ河村さんのやりたいことはできない。議会は信を問うべきだ」と署名集めを担う受任者を募るはがきを受け取っていた。

 しかし、この日の街頭活動は市職員が勤務時間中の午後2時45分にスタート。特別職の市長に勤務時間の定めはないが、ある職員からは「市政の課題は山積。基礎自治体は市民に直結して生活を守るもので、一刻の猶予もないはず」との批判も。街頭活動を聞いた名東区の井沢陽子さん(74)は「県や国との癒着に風穴を開けた」と評価する一方で「意見が違う人の言うことに耳を傾けない姿勢は民主主義じゃない。(平日は)市民から寄せられている意見を勉強する時間にあててほしい」と話した。河村市長は「減税と地域委員会を継続するのは市の仕事。今日も行政の仕事の一つだ」と反論した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長
名古屋市議会:恒久減税案など否決 河村市長、再々提出へ
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」
名古屋市臨時会:19日招集 定数維持、報酬半減案調整も

事業仕分け第2弾 パフォーマンス色濃く 参院選にらみ首相も姿(産経新聞)
丸珠氏名言「愚か者めが!」Tシャツに(スポーツ報知)
「決してあきらめない」=八王子3人射殺は体制維持−時効撤廃受け警視庁捜査1課長(時事通信)
「東京管財」名乗る振り込め詐欺、指示役の男を逮捕(産経新聞)
投票用紙交付ミス影響?同数最下位者くじ引きに(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。